無水鍋のある暮らし -それぞれの日常に寄り添う無水鍋-

無水鍋のある暮らし(高橋英樹)

2018.10.1

食と人を繋げて世界中を飛び回る高橋英樹と 旅する無水鍋®︎

 

高橋英樹と 旅する無水鍋01

 

飲食一筋!料理人から飲食店の経営・プロデュースへ

国内外の飲食店を盛り上げるのが使命!

 

中学生で初めて飲食店でアルバイトし、それから飲食一筋の高橋英樹。

10代後半から20代前半は料理人として包丁1本で全国を転々する日々。

やがて、第二の故郷であり、今や自分のホームである広島県福山市に流れ着き、自身のお店をOPENさせました。

その後、事業を展開させ、また、それまで培ってきたノウハウを必要とされてプロデュース業や国内外の新店OPENのサポートなどを行なっています。

飲食業を通して、「日本を、世界を元気にしたい!」と願い日本国内にとどまらず世界中を日々奔走しています!

 

今回はそんな高橋英樹と旅する無水鍋®︎

第一弾!場所はそう!地元福山から(笑)

 

 

高橋英樹と 旅する無水鍋02

 

社内BBQ大会を開催!

無水鍋®︎で作る社長 高橋英樹の手料理

 

毎年恒例の社内BBQ大会…

毎年この日は土砂降りの雨にやられる(3年連続)

(2枚目の空港の写真でもわかる通り、自他共に認める高橋英樹=雨男なのです)

 

今年は趣向を凝らして手料理もふるまってみました。

一応元料理人なので、料理は得意なのですw

 

無水鍋®︎を使って『ローストポーク』

 

無水鍋®︎を使って『ローストポーク』

 

オリーブオイルでこんがりにんにくを炒めて香りが出たところで

豚の脂を溶かすように弱火で焼いていきます。

無水鍋®︎は熱伝導が均一なのでまんべんなく焼け、焼目も綺麗に仕上がります。

 

 

自社農園でとれたトウモロコシと新玉ねぎを蒸し焼き

 

水は追加せず、野菜から出る水分だけで蒸し&焼き上げます。

天気が良ければこの農場を眺めて乾杯だったのですが日頃の行いが悪いのか社員さんに雨男がいるからなのか・・・

(→実は、社長高橋英樹のせい。だということは誰もが知っているw)

 

 

無水鍋でしっとりジューシーな焼きあがりに

 

しっとりジューシーに焼きあがりました。約30分でこの仕上がりです。

豚と野菜を盛りつけて、残った豚の脂でグレイビーソースをつくり

粒マスタードをたっぷりつけておいしく召し上がってもらいました。

 

 

無水鍋料理でみんな笑顔に

 

肉を焼いた僕と野菜を作ってる弟…食べて飲むだけの幹部と外国人スタッフです。

僕にねぎらいの言葉もなく一気に召し上がっていただきました。

まぁきれいに食べてくれるのはおいしかったからということでしょうね。

 


#trip01

【使用した鍋】HAL万能無水鍋

【旅先】広島県福山市


無水鍋コラムニスト 高橋 英樹

無水鍋オンラインショップ

TOP

無水鍋オンラインショップ