無水鍋のある暮らし -それぞれの日常に寄り添う無水鍋-

無水鍋のある暮らし

2018.8.4

無水鍋®でジビエ料理に挑戦!!「ひろしま食べる通信5月号」の「鹿肉・猪肉」特集

食べものづくりの裏側を知り、食べることの価値を問う

 

2か月に1回、つくる人の思いなどを掲載した「情報誌」と彼らがつくった「食材」を一緒にご自宅にお届けする「ひろしま食べる通信」。
海や大地などの自然から生まれた食材が食卓へ届くまでの流れを共有し、それに携わる「つくる人」の思いや哲学に触れることができる。
つくり手のストーリーと共に食べものをいただく、ごちそうさまを伝えるそんな新たな食体験を楽しめるのが「ひろしま食べる通信」です。

 

無水鍋®は

「食べものづくりの裏側を知った上で食材を味わうことには大いに価値がある」と考える「ひろしま食べる通信」の考えに賛同しています。
今回は、5月号で届いた鹿肉・猪肉を使ってジビエ料理に挑戦してみます。

 

 

無水鍋×ジビエ料理

 

 

 

食べる通信5月号

 

 

 

無水鍋®でジビエ料理。届いたお肉は使いやすくパックされていて、下処理いらず!

 

届いたお肉は
・角切り鹿肉
・猪肉のミンチ
・猪肉スライス
・鹿肉スライス
いずれも下処理済みで、パックされているのでそのまま使えてとっても便利!
早速、無水鍋®を使って4つのジビエ料理に挑戦します。

 

 

 

お品書き1:ジビエのキーマカレー

無水鍋でジビエのキーマカレー

 

無水鍋でキーマカレーの作り方その1

 

無水鍋でキーマカレーの作り方その2

 

無水鍋でキーマカレーの作り方その3

 

水分を飛ばしながら炒める調理も焦がさず簡単に!

 

猪肉のミンチを使ってキーマカレーづくり。
猪肉のミンチと野菜を一緒に炒め、その後、香辛料やその他の材料を入れてさらに水分を飛ばしながらしっかり加熱します。
KING無水鍋®は、鍋底に厚みがあるので焦がさずにねったり、炒ったりすることが可能!
また、熱伝導率の良さから熱量が均一に鍋全体に届くのでキーマカレーのような水分を飛ばしながら作る料理は得意分野です。

 

 

 

お品書き2:ジビエのトマト煮込み

無水鍋でジビエのトマト煮込み

 

無水鍋でジビエのトマト煮込みその1

 

無水鍋でジビエのトマト煮込みその2

 

「炒めてから煮る」煮込み調理も得意!無水調理で、硬めのお肉もしっかり柔らかく

 

2品目は、無水調理で「ジビエのトマト煮込み」です。
余熱をしたKING無水鍋®に野菜と鹿肉、アサリを入れて炒め、じゃがいもとトマトのホール缶、調味料を入れて煮込むだけ!

 

水を使わず野菜の水分だけで煮込む無水調理は、素材の旨みをしっかり引き出すので力のあるジビエに負けず野菜のおいしさも味わえる一品に。

 

鋳物の鍋ならではの厚みと熱伝導の良さで一般的なお鍋だと15~20分間煮込む所、KING無水鍋®なら、沸騰してから10分間火にかけるだけで完成!
短い時間で、硬めのお肉もしっかり柔らかく仕上がります。

 

続きは、次回のコラムで!

無水鍋コラムニスト HALムスイ

無水鍋オンラインショップ

TOP

無水鍋オンラインショップ