無水鍋のある暮らし -それぞれの日常に寄り添う無水鍋-

無水鍋のある暮らし(高橋英樹)

2018.11.19

旅するヒデキが生み出す、現地調達の食材×無水鍋®のコラボレーション

無水鍋®との旅も慣れてきた高橋英樹。

この鍋と米があればどこでも行ける気さえしてきた!

 

今回の旅の目的地は沖縄。

作る料理は未定!

 

下準備をした米と調味料の「ビンゴソース」を持参しその他の調味料や食材は現地調達で!

どんな食材を使って、どんな料理を作るのか!?出たとこ勝負です。

 

無水鍋で作る秋刀魚の炊き込みご飯

 

 

まだまだ夏の終わりの雰囲気漂う沖縄で『秋を感じる』をテーマに食材探し。

市場で出会った食材は「秋刀魚」。

 

地元の食財ではないにしても秋といえば欠かせないこの秋刀魚は安くなったり高くなったり秋のテレビニュースで相場が出るほどの人気者。

 

さて、こいつをどうしてやるか。

 

塩焼きと白飯…ありきたりな組み合わせで鉄板。

これでは無水鍋®で手軽にはいかないというより無水鍋®の力をもっと発揮させたい!

それにはどうすれば…

 

そうや

炊き込んでみよう!

 

 

 

無水鍋®で作る

秋刀魚の炊き込みご飯

 

まずは塩胡椒したサンマを内蔵を抜かずに両面をグリルする。

 

塩胡椒したサンマを内蔵を抜かずに両面をグリル

 

そこに水を加え、沸騰したら洗ったお米を加えて今回の旅のお供のビンゴソースを投入!

このソースは酸味がありスッキリした味わいなのでサンマのはらわたの苦味をも引き出してくれそうやこのソースのみで味をつけ蓋をして、ご飯を炊く。

 

サンマとサンミも香り

 

蓋を開けた瞬間のサンマとサンミも香り〜

 

もうたまらんやつですやん。

このまま食べたい衝動を堪えて15分ほど蒸らす。

この蒸らしが米の芯まで柔らかくするコツになる。

 

蒸らせたあとは身を剥がし中骨だけを取り除く。小骨はカルシウムだからあえて取らない。

またハラワタの色が食をそそる。

スプーンでざっくりと焦げまで混ぜる。

 

 

一口味見!

 

うまし!でもうちの女子たちをもっと喜ばせるには…そうやん卵!

 

生卵を混ぜ込み、マイルドさを増したサンマの炊き込みご飯withビンゴソースは秋風を感じ少し冷えた俺の体を温めてくれる。

 

無水鍋®、次はどこに連れて行こう。

英樹と無水鍋®の旅はまだまだ続く。

 

 

無水鍋コラムニスト 高橋 英樹

無水鍋オンラインショップ

TOP

無水鍋オンラインショップ