How to Use

無水鍋HAL

HAL Seriseの使い方

使い始めに

HAL Seriseの基本を知ろう

OK

  • IHヒーター
  • 直火
  • ヒーター
  • ヒーター
  • 100V200V対応
  • 無水調理

NG

  • オーブン
  • 食器洗浄機
  • 電子レンジ
  • アルカリ系洗剤

※フタを浅鍋として使用する場合、直火でのみお使いいただけます。(IHヒーターは不可)


基本の使い方とコツ

HAL Seriseの使い方はとっても簡単!

控えめな火加減

無水鍋®の素材であるアルミニウムは熱伝導に優れており、弱火でも十分鍋全体に熱が伝わります。そのため、強火は必要なく、沸騰するまでは中火、沸騰後は弱火が調理の基本です。また厚手鋳物製なので、火を止めた後も高温の状態が続き、余熱調理が可能です。

無水鍋が沸騰するまでは中火

沸騰するまでは中火

無水鍋が沸騰後は弱火でOK

沸騰後は弱火でOK

火を止めた後は、余熱調理もできる無水鍋

火を止めた後は、余熱調理も

HAL万能無水鍋

焼き物、炒め物はお任せください
無水鍋®の良さを受け継ぎ、より使い勝手の良い調理器具に

組み合わせ

密封すると無水調理
    • フタあり①

    • 無水調理

    密封すると無水調理

    フタをする(※)と密封状態になり、無水調理をすることができます。
    ※鍋本体の注ぎ口とフタの「HALマーク」をずらしてセットした状態

  • フタあり②

    湯切りや蒸気抜きも簡単

    鍋本体の注ぎ口とフタの「HALマーク」を合わせると隙間ができここから蒸気抜きやゆでこぼしが簡単にできます。

無水鍋内部に施したコーティングが特徴

フタなし

厚手鋳物鍋の真骨頂

鍋内部に施したコーティングのおかげで、食材がくっつきにくく「焼く」「炒める」料理がきれいに食感よく仕上がります。

HAL片手無水鍋

HAL片手無水鍋

多機能&省スペース
コンパクトに収納できる、
無水鍋®の良さを受け継いだ片手タイプのお鍋

組み合わせ

浅鍋 + 深鍋

無水調理

浅鍋 + 深鍋

炊飯も無水調理も可能な組み合わせ。この状態で火にかけて、ケーキを焼くなど天火調理も可能です。

浅鍋 or 深鍋 + ガラスフタ

深鍋 or 深鍋 + ガラスフタ

コンパクトながら容量は1.8L。約8.7cmの深さがあり、汁物や茹で物、煮物、ちょっとした揚げ物などに便利。すっきりとした形状で、たっぷりの容量が魅力。 ガラスフタは、鍋の中が見えるので使いやすさ抜群です。

浅鍋 or 浅鍋 + ガラスフタ

浅鍋 or 浅鍋 + ガラスフタ

ミニフライパンとして使えます。内部にコーティングが施されているので、焦がさずきれいに焼き上がり、蒸し焼きはふっくらと仕上がります。 また、ガラスフタは、お鍋の中の様子が見えて便利です。


日常のお手入れ

日毎の簡単なお手入れで長く美味しく

CARE 01

コーティングの無い部分

スポンジまたはナイロンたわしに中性洗剤をつけてよく洗ってください。

CARE 02

コーティング部分

柔らかいスポンジに中性洗剤をつけてよく洗ってください。金属 たわしやアルカリ性洗剤・クレンザーはコーティングを傷めますので使用しないようご注意ください。

CARE 03

焦げつきを落とす

鍋に触れられるくらいの温度になったら、中性洗剤とスポンジで汚れを洗い落とし、よくすすぎます。調理後すぐに水につけるなどの急冷は避けてください。また、水につけたままにしないようご注意ください。

CARE 04

溶射面(鍋底の黒い部分)のお手入れ

溶射部分を傷めないよう、中性洗剤をつけた柔らかいスポンジで汚れを落とし、しっかり乾燥させてから収納してください。また、以下の状態でのご使用はお控えください。

  • 溶射面が濡れた状態で火にかける
  • 吹きこぼれなどの汚れが付着している

長く快適にお使いいただくために

無水鍋オンラインショップ

TOP

無水鍋オンラインショップ