無水鍋®の伝統を継承しながら
キッチンをコーディネート

HAL Serires Concept

HALシリーズは、無水鍋®が切り拓いたアルミ ニウム素材の可能性を活かしながら、機能やデザイン性をより向上させたラインナップ。たとえばIH 調理器への対応やふっ素樹脂加工など、アルミニウムでは困難とされてきた加工技術を、CAR パーツを手がける世界水準の技術で実現。 また、持ち手やつまみを使いやすくしたことで、「炒める」「焼く」「揚げる」などの調理をさらに手軽にしています。 HAL シリーズは、アルミニウムの利点と無水鍋Rの伝統を継承しながら、 食の洋風化やオール電化の普及などライフスタイルの多様化に寄り添い、進化していきます。

無水鍋HAL

Line up

  • 無水鍋HAL16.5
  • HAL片手無水鍋16.5

  • 最大長さ34.6cm×最大高さ14.0cm×内径16.5cm

  • 【重量】約1,620g

  • 【容量】浅鍋:0.6L 深鍋:1.8L

  • 【炊飯可能量】お米2.5合まで

  • 無水鍋HAL23
  • HAL万能無水鍋23

  • 最大長さ46.8cm×最大高さ13.2cm×内径23.0cm

  • 【重量】約1,380g

  • 【容量】2.8L

  • 【炊飯可能量】お米3合まで

  • 無水鍋HAL26
  • HAL万能無水鍋26

  • 最大長さ50.3cm×最大高さ13.7cm×内径26.0cm

  • 【重量】約1,580g

  • 【容量】3.5L

  • 【炊飯可能量】お米5合まで

無水鍋HALの使い方はこちら

無水鍋HAL

無水鍋HALロゴ

HAL万能無水鍋

焼き物、炒め物はお任せください
無水鍋®の良さを受け継ぎ、より使い勝手の良い調理器具に

焼き物、炒め物に最適

やさしい火加減でも「遠火の強火」に近い状態が実現。熱伝導の良さと肉厚構造で、大きな肉の塊や炒め物にもムラなく均一に火が通ります 。

無水鍋の熱伝導の良さと肉厚構造
万能無水鍋ひとつで多彩な料理

1鍋で多彩な調理

揚げ物はカラリとジューシーに、炒飯はお店の味に仕上がるなど、万能無水鍋ひとつで多彩な料理が楽しめます 。

フタを使って無水調理

本体と同じ厚手のアルミニウム鋳物でできたフタで密封すると、鍋内部の水蒸気を逃さないので、食材がもともと持っている水分を活かした無水調理が可能です。

無水鍋内部の水蒸気を逃さない

1鍋8役の多彩な調理法

鍋本体と同素材のフタの組み合わせで
「炊く」「蒸す」「煮る」「茹でる」「焼く」「炒める」「揚げる」オーブン代わりの「天火」調理と
ひと鍋で8通りの使い方が可能です

無水鍋本体と同素材のフタの組み合わせ

万能無水鍋の組み合わせ

密封すると無水調理
    • フタあり①

    • 無水調理

    密封すると無水調理

    フタをする(※)と密封状態になり、無水調理をすることができます。
    ※鍋本体の注ぎ口とフタの「HALマーク」をずらしてセットした状態

  • フタあり②

    湯切りや蒸気抜きも簡単

    鍋本体の注ぎ口とフタの「HALマーク」を合わせると隙間ができここから蒸気抜きやゆでこぼしが簡単にできます。

無水鍋内部に施したコーティングが特徴

フタなし

厚手鋳物鍋の真骨頂

鍋内部に施したコーティングのおかげで、食材がくっつきにくく「焼く」「炒める」料理がきれいに食感よく仕上がります。

HAL片手無水鍋

無水鍋HALロゴ

HAL片手無水鍋

多機能&省スペース
コンパクトに収納できる、
無水鍋®の良さを受け継いだ片手タイプのお鍋

朝食&お弁当作りに

「炊く」「焼く」「煮る」など多様な用途に対応できるので、お弁当作りの効率が驚くほどアップします。

無水鍋でお弁当作りの効率アップ
無水鍋なら朝ごはんが短い時間で

毎日の朝食に

炊きたてご飯とあったかいお味噌汁のような、日本の定番朝ごはんが短い時間で手軽に作れます。

コンパクトな見た目とのギャップ

すっきりとコンパクトな見た目なのに、ご飯なら2.5合、根菜の煮物なら4~5人分、キャベツ3/4個分を丸ごと調理できるたっぷり容量も自慢です。

片手無水鍋はコンパクト

1鍋8役の多彩な調理法

鍋本体と同素材のフタの組み合わせで
「炊く」「蒸す」「煮る」「茹でる」「焼く」「炒める」「揚げる」オーブン代わりの「天火」調理と
ひと鍋で8通りの使い方が可能です

無水鍋本体とフタの組み合わせ

片手無水鍋組み合わせ

浅鍋 + 深鍋

無水調理

浅鍋 + 深鍋

炊飯も無水調理も可能な組み合わせ。この状態で火にかけて、ケーキを焼くなど天火調理も可能です。

浅鍋 or 深鍋 + ガラスフタ

浅鍋 or 深鍋 + ガラスフタ

コンパクトながら容量は1.8L。約8.7cmの深さがあり、汁物や茹で物、煮物、ちょっとした揚げ物などに便利。すっきりとした形状で、たっぷりの容量が魅力。 ガラスフタは、鍋の中が見えるので使いやすさ抜群です。

浅鍋 or 浅鍋 + ガラスフタ

浅鍋 or 浅鍋 + ガラスフタ

ミニフライパンとして使えます。内部にコーティングが施されているので、焦がさずきれいに焼き上がり、蒸し焼きはふっくらと仕上がります。 また、ガラスフタは、お鍋の中の様子が見えて便利です。

TOP