HOME > オリジナルレシピ > ゆでる > 新ゴボウと春野菜のペンネ

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

ホクホクと美味しいじゃがいもの丸ごとゆでも、カップ1杯の水で、信じられないほど短時間でできあがります。
エビやカニ等は旨味たっぷりの無水ゆでが簡単にできます。

無水鍋®で『ゆでる』ポイント

新ゴボウと春野菜のペンネ

2013.04 掲載

新ゴボウと春野菜のペンネ

新ゴボウやフキ、春ニンジンなど、今だけの旬の野菜をたっぷり使いました。
優しい色合いといろいろな食感が楽しめる、春限定レシピです♪

ワンポイントアドバイス

ペンネのゆであがりの時間に合わせてベーコンや野菜を炒めはじめるようにしましょう。

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

材料

【無水鍋®24cm使用】
新ゴボウ 1/2本、 春ニンジン 1/3本、 たけのこ 50g、 フキ 1/2本、 ペンネ 150g、 ベーコン 100g、 温泉卵 4個、 塩 少々、 コショウ 少々、 生クリーム 150cc、 オリーブ油 大さじ1、 パルメザンチーズ 適量

作り方

1

新ゴボウ・春ニンジン・たけのこは小口に切り、下ゆでしておく。
ベーコンは1cm幅に切る。

3

フキは塩で板ずりして沸騰した湯で1分ほどゆで、冷水にとる。筋を取り、小口に切る。

※筋をとるときには、筋の端を少しつまんでフキの長さの半分の位置までひっぱる、を繰り返します。ぐるりと一周したら、全部をまとめて一度にひっぱります。反対側も同様にして残った筋を取りましょう。

3

鍋にたっぷりの湯で、ペンネを茹でる(9~10分位、袋の時間にあわせる)。

4

【3】の茹で上がり5分前にふたを熱し(水玉テストをします)、オリーブ油を入れてベーコンを炒め、ニンジン・ゴボウ・タケノコを加えてさらに炒める。生クリームを加えて塩・コショウで味を整え、茹で上がったペンネとフキを加えて仕上げる。


5

器に盛り、温泉卵をのせてパルメザンチーズをかける。

6

【温泉卵の作り方】

冷蔵庫から出してすぐの卵を無水鍋(R)に入れ、1.5Lの水を入れてふたをせずに中火にかける。水温が75℃になったら(卵の殻に小さい泡がつくようになる。目安は6~7分)ふたをして火から下ろし、そのまま冷ます。

※調理機器によって異なりますので、加熱時間は調節してください。