HOME > オリジナルレシピ > 焼く > エスニック風焼き鶏

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

鉄に比べ3倍も熱を伝えやすく、温度が下がりにくい鍋は、焼き物に最適の「強火の遠火」状態をつくります。
焼きムラがなく、味はもちろん、見た目もきれいに焼き上がります。
無水鍋®のフタをフライパン代わりに!熱の回りが良いので、「中火」で美味しく焼き物調理ができます♪

無水鍋®で『焼く』ポイント

さんまの南部焼き

2013.12掲載

エスニック風焼き鶏

ナンプラーやライムを使ったタレに、こんがりと焼いた鶏肉を漬け込んでいただきます。エスニックな味わいが新鮮です♪
星型にんじんを添えて、クリスマスにもぜひどうぞ。

ワンポイントアドバイス

ナンプラーがない場合はおしょうゆで代用できます。辛さが苦手なお子様には唐辛子を抜いても。

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

材料

【無水鍋®24cmふた使用】

鶏もも肉 2枚、 塩・こしょう 適宜、 サラダ油 適量、 にんじん 1/3本、 サラダ菜 適量
【A】しょうが 1片、 ライム 1個、 ナンプラー 大さじ2、 砂糖 小さじ2、 唐辛子 1/2本、 水 大さじ1

作り方

1

鶏肉はひと口大に切り、塩・こしょうで下味をつける。水玉テストをした無水鍋(R)のふたにサラダ油を引き、焼き色がつくくらい皮目からしっかり両面焼く。

2

しょうがはみじんに切り、ライムの絞り汁・ナンプラー・砂糖・輪切りにした唐辛子・水をあわせた中に入れ、たれを作る。

3

焼いた鶏肉が熱いうちに【2】のたれに10分つけ込む。

4

にんじんを星型に切り、塩ゆでする。

5

3の鶏をサラダ菜とともに盛り付けて星型ニンジンを飾り、3のたれを添える。

6

飾りつきの串に刺せば、おせちにもお使いいただけます。
お正月のひと品にぜひどうぞ。