HOME > オリジナルレシピ > 焼く > イチゴのミルクレープ

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

鉄に比べ3倍も熱を伝えやすく、温度が下がりにくい鍋は、焼き物に最適の「強火の遠火」状態をつくります。
焼きムラがなく、味はもちろん、見た目もきれいに焼き上がります。
無水鍋®のフタをフライパン代わりに!熱の回りが良いので、「中火」で美味しく焼き物調理ができます♪

無水鍋®で『焼く』ポイント



2013.02掲載

イチゴのミルクレープ

クレープの間にイチゴとクリームをはさみ、何層も重ねたミルクレープは、手軽に作ることができる人気のおやつです。
お子様と一緒に、一枚ずつ重ねていくのも楽しいですね。

ハートのイチゴでデコレーションして、バレンタイン用にもいかがですか。

ワンポイントアドバイス

バターは電子レンジなどでも溶かせますが、無水鍋®のふたを使って焦がしバターにすると香りもよく、おいしくなります。

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

材料

【無水鍋®20cm使用】

【A】卵 1個、 砂糖 25g、 塩 少々、 小麦粉 50g、 牛乳 150cc、 バター 20g
【B】卵黄 2個分、 砂糖 35g、 小麦粉 15g、 牛乳 150cc、 バニラエッセンス 少々
【C】生クリーム 200cc、 砂糖 20g
イチゴ 20粒

作り方

1

クレープ生地【A】を作る…クレープ6枚分

卵と砂糖・塩をよく混ぜ、ふるった小麦粉を混ぜ、牛乳を少しずつ混ぜる。電子レンジで溶かしたバターを加え、30分~1時間ねかせる。

※バターは、無水鍋®のふたで少し茶色になるまで加熱して溶かすと、香りの良い焦がしバターになります。

2

予熱して水玉テスト(こちらでチェックできます)をした無水鍋®のふたに油を引きキッチンペーパーでふき取って、生地を流し、焼き色が付いたらひっくり返してさっと焼く。ざるの上にとり、冷ます。

※生地の表面がぷくっと膨らんできたら、 ひっくりかえす合図です。へら状のものを生地の下にいれゆっくり回転させながら中央付近まで移動して、そのまま生地を持ち上げそっと裏返しに戻すときれいに返せます。
※焼けた生地は、必ずざる状の物の上において冷ましてください。

3

カスタードクリーム【B】を作る

牛乳を人肌にあたためる(沸騰させないこと)。ボウルに卵黄と砂糖を混ぜ、白っぽくなったら小麦粉を混ぜ、温めた牛乳を加えてよく混ぜる。鍋に戻し、弱火でとろみが付くまで混ぜながら煮る。バニラエッセンスを加えてバットに取り、ラップをぴったりのせて冷ます。

※出来上がったクリームが空気に触れると食感が悪くなってしまいます。しっかりラップで覆いましょう。

4

生クリームは砂糖を加え、泡立てる。

5

イチゴは飾り用を残し、5mm厚さにスライスする。

6

クレープを一枚おき、カスタードクリームを塗り、イチゴを並べる。その上に生クリームを塗り、クレープを重ねる。これを繰り返し、上にイチゴと生クリームを飾る。