HOME > オリジナルレシピ > 焼く > 鮭のじゃがバター焼き

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

鉄に比べ3倍も熱を伝えやすく、温度が下がりにくい鍋は、焼き物に最適の「強火の遠火」状態をつくります。
焼きムラがなく、味はもちろん、見た目もきれいに焼き上がります。
無水鍋®のフタをフライパン代わりに!熱の回りが良いので、「中火」で美味しく焼き物調理ができます♪

無水鍋®で『焼く』ポイント



2011.11掲載

鮭のじゃがバター焼き

手が込んでいるようで、実は無水鍋®のふた一つだけを使って、鮭を焼くところからソース作りまで一気に調理できる手間なしメニューです。
バターとおしょうゆのソースも絶品!

おもてなしにもお使いいただける、食卓が明るくなる一品です♪

ワンポイントアドバイス

鮭は焼きすぎるとぱさついてしまうので、焼き加減に注意してくださいね。 

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

材料

【無水鍋®24cm(ふた)使用】
生鮭 4切れ、 塩 少々、 こしょう 少々、 じゃがいも 2個、 玉ねぎ 1/2個、 パセリ 1枝、 バター 大さじ1、 サラダ油 大さじ1、 しょうゆ 大さじ3
【A】みりん 大さじ2、 バター 大さじ2、 タバスコ 少々

作り方

1

玉ねぎは千切り、じゃがいもは薄く切っておく。パセリはみじん切りにする。

2

無水鍋®のふたを予熱し、水玉テスト(水玉テストの方法はこちら)をする。
鮭に塩・こしょうで下味をつけ、サラダ油とバターで皮目から焼き、取り出す。

2

(2)のふたでそのまま玉ねぎを炒めて取り出し、次にじゃがいもを炒め、塩・こしょうしてから取り出す。
もし油が足りなければバターを足す。

3

(3)のふたに【A】のバターを溶かし、色づき始めたら残りの調味料を加えてソースを作る。

※火を切り、予熱で調理できます。

3

鮭の上に玉ねぎを敷き、その上にじゃがいもを並べてパセリをふり、ソースをかける。