HOME > オリジナルレシピ > 焼く > 鶏つくね

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

鉄に比べ3倍も熱を伝えやすく、温度が下がりにくい鍋は、焼き物に最適の「強火の遠火」状態をつくります。
焼きムラがなく、味はもちろん、見た目もきれいに焼き上がります。
無水鍋®のフタをフライパン代わりに!熱の回りが良いので、「中火」で美味しく焼き物調理ができます♪

無水鍋®で『焼く』ポイント



2010.12 掲載

鶏つくね

薬味をたっぷり混ぜ込んだ鶏つくねです。
材料を混ぜて焼くだけの手軽さですが、お味は本格派。
冷めてもおいしいので、お弁当にもおすすめです。
お正月の一品にもいかがでしょうか。

ワンポイントアドバイス

材料を混ぜるときには、まずひき肉と卵をしっかりまぜ、次に薬味類を入れるようにしましょう。 

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

材料

【無水鍋®24cm(ふた)使用】
鶏ひき肉 200g、 ひじき(干) 5g、 青ねぎ 2本、 しょうが 1片、 卵 1個、 塩 小さじ1/3、 片栗粉 大さじ1、 こしょう 少々
【A】しょうゆ 大さじ2、 砂糖 大さじ2、 酒 大さじ2
しし唐 12本

作り方

1

青ねぎ、しょうがはみじんに切る。
ひじきは水でもどし、水気をきっておく。

※急ぐときは、ひじきをぬるま湯でもどします

2

ボウルに鶏ひき肉、卵、塩、こしょう・片栗粉を入れてよく混ぜる。
次にひじき・ねぎ・しょうがを入れ、粘りがでてぽったりした感じになるまでよく混ぜ、八等分にして小判型に丸め、真ん中を少しへこませる。

3

中火で予熱(水玉テスト)をした無水鍋®のふたに油をひき、しし唐を炒め、取り出しておく。
次に(2)のつくねを入れ、両面焼いたら【A】の調味料を加え、照りが出るまで焼いて味をからませる。