HOME > オリジナルレシピ > 焼く > 鶏肉のレモンソース焼き

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

鉄に比べ3倍も熱を伝えやすく、温度が下がりにくい鍋は、焼き物に最適の「強火の遠火」状態をつくります。
焼きムラがなく、味はもちろん、見た目もきれいに焼き上がります。
無水鍋®のフタをフライパン代わりに!熱の回りが良いので、「中火」で美味しく焼き物調理ができます♪

無水鍋®で『焼く』ポイント

2009.09 掲載

鶏肉のレモンソース焼き

いつもの鶏肉も、さわやかなレモンのソースでお店の味♪
無水鍋®なら皮目がかりっと焼き上がり、おいしさ倍増です!

ワンポイントアドバイス

国産レモンは皮が苦いので、皮を使うと
お料理全体が苦くなってしまいます。
皮と白い部分を除いて使いましょう。
皮まで使用するなら、信頼できる外国産を。 

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

材料

鶏もも肉 2枚、 下味【しょうゆ 大さじ1、 酒 大さじ1、 片栗粉 大さじ2】
ソース【レモン 1個、 水 150cc、 だし 小さじ1、 砂糖 大さじ4、 塩 小さじ1/3、 片栗粉 適宜】

作り方

1

国産レモンを使用する場合は、皮と白い部分を取り除き、半分に切り、1/2個は輪切りにしておく(写真左)。
安心な外国産レモンを使用する場合は、皮付きのまま、同様に半分に切り、1/2個は輪切りにする(写真右)。

2

鶏肉は厚さを均一にし、皮目にところどころ穴をあけて(縮まないように)、下味をつけておく。

3

無水鍋®のフタを熱し、水玉テストをして(水玉テストのやり方はこちら)予熱が完了したら油を熱して鶏肉を皮目から入れて、中火で両面がカリッとなるまでよく焼いてひとくち大に切って、皿に盛る。

4

【レモンソース】レモンは1/2個は果汁を絞り、残り1/2個分は輪切りにして、
その他のソースの材料と無水鍋®の本体に入れてソースを作る。
一煮立ちしたら火を止め、沸騰がおさまってから水溶き片栗粉でとろみをつけて、再度火にかける。
しっかりとろみがついたら肉にかける。