HOME > オリジナルレシピ > 天火 >もちもちパン

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

ふたや本体の側面も高温になるので、全体から熱が伝わり、ケーキやパンが簡単に焼き上がります。
無水鍋®のふたを利用して、オーブン料理が手軽に出来ます。
予熱をする際には、ふた・本体の順に重ね(右写真)、中弱火で5分間程度鍋をあたためてください。

【お願い】無水鍋®を天火使用される場合、鍋が非常に高温になりますので、やけどにはくれぐれもご注意ください。また、温度が上がりすぎると鍋が変形することがありますので、予熱時も含め火加減・加熱時間には十分ご注意ください。

無水鍋®を『天火利用する』ポイント

2011.2掲載

もちもちパン

米粉を使い、手軽に作れるお鍋パンです。
直接無水鍋®に生地を入れて焼くので、焼き型も不要です。
水分を飛ばさず焼けるので出来上がりはふんわりもちもち♪
生地にはオリーブオイルを使用しています。

ワンポイントアドバイス

あんこやツナコーンなど、いろんな具を入れて「お楽しみパン」にするのもおすすめです(今回はチーズを入れています)。
気温や火加減により焼き色などが変わってきますので、様子をみて調整してください。

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

材料

【無水鍋®24cm使用】

強力粉 250g、 米粉(製菓用) 50g、 ドライイースト  6g、 砂糖 30g、 塩 小さじ2/3、
オリーブ油 大さじ1、 水(寒いときはぬるま湯) 200cc、 チーズ 適量、 溶き卵 適量

作り方

1

ボウルに粉類を入れ、よく混ぜ合わせる。混ざったら中央部分を少しくぼませ、オリーブ油・水を入れて全体を混ぜる。打ち粉をした台に取り出し、10分くらいこねる。

※粉類をボウルに入れるときには、ドライイーストと砂糖を近くに、塩は離して入れます。混ぜるときにはまずドライイーストと砂糖を混ぜ、次に全体を混ぜましょう。

2

【1】をサラダ油(分量外)を塗ったボウルにいれ、ラップをして30度くらいを保つ(一次発酵)。

※鍋に蒸し板を置き、50度の湯を張り、ボウルをおいてフタをして、30分くらい置くとよい。途中水の温度が下がったら、火をつけ温める。

3

2倍に膨らんだら、指穴テストをする。強力粉を少量つけた指を生地表面に入れ、指を抜いた後もその穴がそのままの形で残るくらいでOK (すぐに穴が小さくなるときは、発酵不足なのでもう少し発酵させる)。
ガス抜きをして手粉をつけながら12等分に分け、丸めて布巾の上にのせてラップをして10分おく(ベンチタイム)。


4

1個を丸めて伸ばし、具を包んで成型する。

5

無水鍋®にサラダ油(分量外)をキッチンペーパーを使って薄く塗り、【4】を並べる。表面に霧を吹きかけ、ふたをして火にかけて30秒したらすぐに切る。そのまま生地が倍に膨れるまで置く。途中温度が下がったら、軽く温める。


6

膨れたら、溶き卵を塗ってそのまま弱火で焼く。15分たったら鍋の上下をひっくり返し、中火で10分焼く。

※鍋をひっくり返したときに中の生地がフタのほうに落ちてしまったら、そのままの状態で中火で8分焼きます。もし中途半端に落ちてしまったときには、全体を落としてから焼いたほうがきれいに仕上がります。