HOME > オリジナルレシピ > 炊く >アサリと春キャベツのリゾット

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

鍋の内部の温度が100℃以上に上がるので、米が急速にα化(デンプンに水を加えて加熱すると粘りが出て柔らかくなること)し、モチモチとした羽釜に負けない炊き上がりになります。

無水鍋®で『炊く』ポイント

2010.04 掲載

アサリと春キャベツのリゾット

春ならではの素材を使ったリゾットです。
そのまま食べても、チーズの上にのせて焼いた焼きリゾットにしてもおいしい!
米を大麦に変えてもまた違ったおいしさが楽しめます。
ぜひお試しくださいね。

ワンポイントアドバイス

アサリのうまみたっぷりのおいしいスープを使ってリゾットを作ります。貝の身は煮すぎないように!

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

材料

【無水鍋®20cm使用】
アサリ(殻付き) 250g、 白ワイン  50cc、 春キャベツ 1/5個、 玉ねぎ 1/2個、 しめじ 1株、 米 1カップ
アサリの蒸し汁+スープ(ブイヨンキューブ1個+お湯) あわせて4カップ、 オリーブ油 大さじ3 塩 少々、 コショー 少々、 パルメザンチーズ 大さじ1

作り方

1

アサリは砂抜きをしてよく洗う。

※砂抜きをするときは海水くらいの濃さの塩水につけ、
写真のようにクッキングペーパー等でフタをして半日くらい置く。
クッキングペーパーがボウルからはみ出さないようにする。

3

アサリを鍋に入れ白ワインを加えてフタをし、蒸し煮にして口が開いたら身と汁にわけ、ボウルに入れた汁に湯とブイヨンを加えて4カップにする。

3

キャベツは1cm角、玉ねぎはみじん、しめじは小房に分けておく。

4

鍋を熱して水玉テストをしてからオリーブ油を入れ、玉ねぎ・キャベツ・しめじを加え、しんなりしてきたら米を加えて透明になるくらい炒める。

※米は洗わなくてもOKです。洗う場合は洗ってすぐにざるにあげ30分置いたものを使います。

↓水玉テストのやり方
写真をクリックしてください

5

温かいスープをひたひたに加え、煮立ってきたら弱火にして、ひたひたを保つようにスープを足しながら、随時混ぜながら15分くらい煮込み、少し芯が残るくらいまで煮る。

※スープは一度に足すのではなく、様子を見ながら少しづつ足していきます。

6

アサリを加え、塩・コショーで味を整え、パルメザンチーズを加えて器に盛る。

7

★焼きリゾットの作り方

・鍋のフタを火にかけ、水玉テストをしたら、パルメザンチーズをふる。
・チーズがとけはじめたらアサリの殻を除いたリゾットをのせて、チーズがこんがりするまで焼く。
・同じ方法でホットプレートで焼くこともできます。