HOME > オリジナルレシピ > 炊く > 新ゴボウの炊き込みご飯

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

鍋の内部の温度が100℃以上に上がるので、米が急速にα化(デンプンに水を加えて加熱すると粘りが出て柔らかくなること)し、モチモチとした羽釜に負けない炊き上がりになります。

無水鍋®で『炊く』ポイント

 

新ゴボウの炊き込みご飯

この季節でしか味わえない、香り豊かな炊き込みご飯です♪

ワンポイントアドバイス

新ゴボウの皮はタワシでこすれば皮がむけます。アクも少ないので短時間水につけてください。 普通のゴボウは包丁の背で削って皮をむいて、時間は長めてアク抜きをしてくださいね

材料

米 3合、 新ゴボウ 1/2本、 しょうが 20g、 牛肉(薄切り) 150g
調味料A : 酒 大さじ2・1/2、 みりん 大さじ1・1/2、 しょうゆ 大さじ1 山椒の実(塩漬) 大さじ1・1/2
だし汁+煮汁 660cc、 しょうゆ 大さじ1・1/2、 木の芽 適量

作り方

1

米は炊く30分前に洗いザルに上げて水を切る。新ゴボウは笹掻きにし、ショウガはせん切り、牛肉は小口切りにする

3

調味料Aで牛肉をさっと煮てザルに上げ、煮汁を取り分けておく

3

無水鍋®に米と新ゴボウ・ショウガを入れ、煮汁・だし・しょうゆを加えて炊く
(強火で沸騰 ⇒ ごく弱火 10分炊飯 ⇒ 火を切って蒸らす 10分)

4

炊き上がったら(2)の肉を入れ、もう一度フタをして蒸らす

5

全体を混ぜ器に盛って木の芽をのせる


ポイント
1

新ゴボウは笹掻きにし、ショウガはせん切り、牛肉は小口切りにする

2

無水鍋®に米と新ゴボウ、ショウガ、牛肉を煮た煮汁、だし汁、しょうゆを入れ、フタをして炊く

3

炊き上がったら、牛肉を加え、もう一度フタして蒸らす