オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

鍋の内部の温度が100℃以上に上がるので、米が急速にα化(デンプンに水を加えて加熱すると粘りが出て柔らかくなること)し、モチモチとした羽釜に負けない炊き上がりになります。

無水鍋®で『炊く』ポイント

 

萩ご飯

ワンポイントアドバイス

枝豆はさやから出す時に一緒に薄皮も剥くと、より色鮮やかに歯触りよく仕上がります♪

材料

米 3カップ、 あずき 1/3カップ、 枝豆(さやごと) 200g
昆布だし 3カップ、 塩 小さじ1・1/2、 酒 大さじ3、 ゆずの皮 適量

作り方

1

無水鍋®に、あずきとかぶる位の水を入れ、火にかけて煮立てる。
煮立ったら、ゆで汁は捨てて新たに1カップの水を加えて火にかける。

3

(1)が沸騰したら差し水をしながら柔らかくなるまで更にゆでる。
ざるにあげて水を切り、塩を少々ふっておく。

3

枝豆は塩適宜をもみこみ、無水ゆでしてさやから実を出しておく。

4

米は洗って水を切り、無水鍋®に入れて分量の昆布だしに30分位浸けておく。

5

(4)へ炊く直前に塩と酒を入れ、フタをして強火にかける。
沸騰したらごく弱火で10分炊く。
火を止める直前に(2)のあずきを入れて、火を止めて10分蒸らす。

6

かき混ぜる時に枝豆を散らし入れたら出来上がり!
ゆずのせん切りを飾るとより色鮮やかに仕上がる。