HOME > オリジナルレシピ > 炊く > 秋色おこわ

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

鍋の内部の温度が100℃以上に上がるので、米が急速にα化(デンプンに水を加えて加熱すると粘りが出て柔らかくなること)し、モチモチとした羽釜に負けない炊き上がりになります。

無水鍋®で『炊く』ポイント

 

秋色おこわ

 

ワンポイントアドバイス

秋の食材盛りだくさん!
無水鍋®ならおこわもカンタンに炊きあがります。

材料

もち米 2.5カップ、 うるち米 0.5カップ、しめじ 100g、 油揚げ 1/2枚、ぎんなん 12個、 栗 8個
【調味料A】 だし 2.5カップ、酒 大さじ1、しょうゆ 大さじ1、塩 小さじ1

作り方

1

油揚げはさっと熱湯に通し、2センチの細切りにする。

3

しめじは小口にほぐしておく。
栗は鬼皮と渋皮をむいておく。

3

ぎんなんは殻をとり、無水鍋®のフタに入れてひたひたの水に浸して火にかける。
沸騰してきたら穴杓子の底でこするようにして薄皮を取りながらゆで、水につけて残った薄皮をとる。

4

米は炊く直前に洗い無水鍋®入れ、調味料A(1)の油揚げ、(2)のしめじ・栗を加えてフタをして強火にかける。
沸騰したらごく弱火にして10分炊き、火を止めて10分蒸らす。

5

蒸らし終わったらよく混ぜ、(3)のぎんなんを散らす。