オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

鍋の内部の温度が100℃以上に上がるので、米が急速にα化(デンプンに水を加えて加熱すると粘りが出て柔らかくなること)し、モチモチとした羽釜に負けない炊き上がりになります。

無水鍋®で『炊く』ポイント

 

鯛飯

 

ワンポイントアドバイス

無水鍋®をひっくり返して鯛をのせるとキレイに盛りつけられます。

材料

鯛(20cm位) 1尾、米 3カップ、出し昆布 10cm、あさつき 1束、いりゴマ(白) 大さじ2
※切り身の鯛を使う場合は3切れぐらいで作りましょう!
【調味料A】 酒 大さじ2、 薄口しょうゆ 大さじ3

作り方

1

鯛を焼く。
鯛は薄塩をして、火が通り易いように切れ目を入れる。
無水鍋®のフタにクッキングペーパーを敷き、予熱しておく。
鯛を表にする方を下において、無水鍋®の本体をかぶせて中火で焼く。
途中、鯛をひっくり返して両面を色よく焼く。

3

米は洗って無水鍋®に入れ、同量の水、酒、出し昆布を入れて30分ぐらいおいておく。

3

出し昆布を取り出し、薄口しょうゆを加えて(1)の鯛をのせ、フタをして中火にかける。
沸騰したらごく弱火にして10分炊き、火を止めて10分蒸らす。

4

鯛の骨は除き、熱いうちに身をほぐして、あさつきの小口切りと共にご飯を混ぜ、白ゴマをふる。