HOME > オリジナルレシピ > 煮る > 肉じゃが

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

乾燥物や水分のない野菜以外であれば、無水煮は可能。煮崩れしにくく、ふっくら仕上がり、美しさが確かに違います。

無水鍋で『煮る』ポイント

2011.05 掲載

肉じゃが

だし汁をたっぷりと吸い込んだ、ほっこりジャガイモがおいしい肉じゃがです。基本のおかずも、無水鍋®ならおいしさに差が出ます♪

ほっくり、煮崩れるくらいがお好きなら男爵いも、煮崩れないほうがお好みならメークインをお使いください。

ワンポイントアドバイス

ことこと煮込んだ後、少し煮汁が残った状態で火を止めましょう。そのあとしばらくおくことで、煮汁がおいもにしみ込んでぐっとおいしくなります。

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

材料

【無水鍋®24cm使用】
牛薄切り肉 200g、 ジャガイモ 4個、 玉ねぎ 1個、 ニンジン 1/2本、 糸こんにゃく(しらたき) 1袋
キヌサヤ 12枚、 みりん 大さじ2、 サラダ油 大さじ1
【A】砂糖 大さじ4、 酒 大さじ4、 しょうゆ 大さじ4、 だし汁 1カップ

作り方

1

牛肉、ジャガイモ、玉ねぎは大きめに切り、ニンジンは乱切り、糸こんにゃく・キヌサヤはゆでて水気をきっておく。

2

無水鍋®を予熱して水玉テストをしたら、サラダ油を熱して、糸こんにゃくを加えて水分を飛ばすように炒め、牛肉を加えて炒める。
分量の調味料【A】から砂糖、酒、しょうゆ各大さじ1を加え、下味をつける。

※牛肉を炒める時にお鍋にくっついてしまうときには、左から2番目の写真のようにぬれ布巾のうえにお鍋を置いてみましょう。さっとはがれてくれます。
※下味をつけることで味のしみ込みがよくなります。ポイントです!

3

(2)へジャガイモ・玉ねぎ・ニンジンを加え、さっと混ぜ合わせたら、だし汁と残りの【A】の調味料を加え、フタをしてことこと煮込む。

※ここではキッチンペーパーを落し蓋代わりに使用しています。

4

煮汁が1/4くらいになったらみりんを加え、混ぜ合わせて火を止める。

※ここで火を止めた後に残った煮汁がおいもにしみ込み、おいしくなります。

器に盛り、キヌサヤを散らす。