HOME > オリジナルレシピ > 煮る > クラムチャウダー

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

乾燥物や水分のない野菜以外であれば、無水煮は可能。煮崩れしにくく、ふっくら仕上がり、美しさが確かに違います。

無水鍋で『煮る』ポイント

2010.02 掲載

クラム・チャウダー

簡単で、お鍋一つですぐにできるあったかスープです。
栄養たっぷりでほっとする味がうれしい一品、
冬の寒い日におすすめです。

ワンポイントアドバイス

あさりのかわりに、ベーコンとコーン缶(又はドライパック)を使って作ることで、 コーンチャウダーになりますよ。

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

材料

【無水鍋®24cm使用】
あさり(缶詰) 1缶、 玉ねぎ 1/2個、 にんじん 50g、 キャベツ 2枚、 じゃがいも 1個、 かぶ 小1個
バター 大さじ2、 小麦粉 大さじ2、 牛乳 500cc、 生クリーム 50cc、ブイヨン(水100cc+ブイヨンキューブ2個)
パセリ 適宜、 塩・コショー 少々、 クラッカー

作り方

1

にんじんは5mm角の薄切り、他の野菜は5mm角のサイコロ切りにする。
パセリはみじん切りにする。 あさりは貝と汁を別々にしてわけておく。

※殻付きのアサリを使われるときは、アサリをよく洗い、鍋に入れフタをしてアサリが口を開くまで火にかけた後、貝とゆで汁を別々にします。

2

無水鍋を火にかけ水玉テストをして(水玉テストはこちら)、少量の油(分量外)とバターを入れる。
※こうすることでバターが焦げにくくなります。

バターが溶けたらにんじんを炒め、次に玉ねぎを入れる。その後残りの野菜を入れて弱火で炒め、小麦粉を振り入れてよく炒める。
※野菜に小麦粉をからませるように炒めるのがコツです。

3

(2)の中に牛乳、ブイヨン(水+ブイヨンキューブ)を入れ、沸騰するまでかきまぜながらよく煮て、滑らかになったら貝の汁を加え、野菜が柔らかくなるまで底を焦がさないように混ぜながらさらに煮る。

※ずっと混ぜながら煮ることで焦げ付かず、しかもダマにならないのでクリーミーに仕上がります。

4

生クリームを入れ、塩、こしょうで味をととのえ、貝の身を入れて盛り付ける。
パセリを散らし、クラッカーを添える。