HOME > オリジナルレシピ > 煮る > けんちん煮

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

乾燥物や水分のない野菜以外であれば、無水煮は可能。煮崩れしにくく、ふっくら仕上がり、美しさが確かに違います。

無水鍋で『煮る』ポイント

2009.03 掲載

けんちん煮

食物繊維たっぷりのお豆腐料理!

ワンポイントアドバイス

軽く水切りした豆腐は雷のような音がするくらい強火で炒めて水分をとばしてから調理します。

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

   

材料

【無水鍋20cm使用】
海老 12尾、 木綿豆腐 1丁、 里芋 3~5個、 干し椎茸 4枚、 ごぼう 1/2本、 こんにゃく 1/2枚、 ぎんなん 12粒、 だし汁(椎茸のもどし汁も加えて) 2カップ、 砂糖 大さじ1、 みりん 大さじ2、 塩小さじ 1/2、 水溶き片栗粉 適宜

作り方

1

海老は殻と背わたをとり、少量の塩をもみこんでおく。

2

豆腐は布巾に包んで水きり、里芋は皮をむき小口、干し椎茸はもどして小口、ごぼうは乱切り、こんにゃくは塩もみして茹で、小口にちぎっておく。

3

銀杏は殻を取り、鍋に入れひたひたの湯で茹でる。その時穴杓子の背でこすると薄皮が剥きやすい。

4

鍋にごま油をひき(水玉テストをする)、豆腐を崩しながら炒め、野菜をさっといためて出し汁・調味料を加え、15分くらい煮て海老・銀杏を加え、水溶き片栗粉でまとめて器に盛る。

   水玉テストのやり方