HOME > オリジナルレシピ > 煮る > さんまの当座煮

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

乾燥物や水分のない野菜以外であれば、無水煮は可能。煮崩れしにくく、ふっくら仕上がり、美しさが確かに違います。

無水鍋で『煮る』ポイント

2008.09 掲載

さんまの当座煮

ごはんによく合う人気の煮魚!
無水鍋なら煮くずれしにくくふっくらと煮上がります。

ワンポイントアドバイス

さんまの鮮度が良ければ内臓もつけたままで煮て良い。

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

材料

【無水鍋20cm使用】
さんま 4尾、 しょうが 1片、 梅干 2~3個、 酒 100cc、 水 200cc、 砂糖 大さじ2、 醤油 大さじ4 酢 大さじ1

作り方

1

秋刀魚は頭と尾を取り除き、3~4cmの筒切りにしてよく洗っておく。

2

無水鍋に調味料を入れ、煮立ってきたら、秋刀魚・ショウガの薄切り、梅干を入れ、再び煮立ってきたら弱火にして、落し蓋(写真はアルミ箔の真ん中に穴をあけたものを使用)をして、フタをして30分煮る。

フタをとり、煮汁が少なくなるまで5分くらい煮詰める。
※出来上がったら、鍋に入れたままにしないでください(無水鍋は酸に弱いため)。