HOME > オリジナルレシピ > 煮る > 豚の角煮

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

乾燥物や水分のない野菜以外であれば、無水煮は可能。煮崩れしにくく、ふっくら仕上がり、美しさが確かに違います。

無水鍋で『煮る』ポイント

2006.11 掲載

豚の角煮

トロンと煮えた豚の角煮は家族の人気者!
おからを使って下ゆですると柔らかく仕上がりますよ。

ワンポイントアドバイス

下ゆでで使ったおからで卯の花煮も作ります。豚肉の旨味たっぷりでこちらも美味!

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

材料

【無水鍋20cm】
豚三枚肉(塊) 800g、おから 200g、水 5カップ  [A]・・・砂糖 大さじ4、醤油 大さじ4、酒 大さじ4、黒酢(穀物酢や米酢でもよい) 大さじ1、しょうが薄切り 10g、ねぎ 1/3本

作り方

1

豚三枚肉は5cm長さに切り、無水鍋のフタで表面に焼き色がつくくらい焼く。
※肉を転がしながら、全体に焼き色をつけるとよい。

2

無水鍋におからと水を煮立て、その中へ(1)の豚肉を入れ、フタをして弱火で40分煮る。

3

豚肉を取り出し、残りの煮汁は別容器にとっておく(おからも一緒に)。

40分後

4

豚肉はさっと水洗いして、無水鍋に入れ、(A)の調味料、ひたひたの水を加えてフタをして煮る。好みの固さになるまで40分から1時間ほど弱火で煮て、そのまま冷ます。
※好みで煮汁を煮詰めてもよい。
※箸でほぐれるほどとろっと仕上げたい場合は、この行程の煮時間を長くします。
その際、煮汁がひたひたの状態を保つよう、時々フタを開けて水をさしながら煮ます。

また、時間のある時には、1時間ほど煮たらいったん冷まして、また煮る・・・というふうにゆっくり煮ていくと、中までしっかり味が染み、箸でほぐれる、とろけるような角煮ができます。

 

★卯の花煮の作り方
(3)で取り出したおからと煮汁を使って卯の花煮を作りましょう。
豚肉の旨味たっぷりのおから作るので、コクがあってとっても美味!
[材料]
おから(豚肉をゆでたもの) 200g、エビ 100g、にんじん 30g、ごぼう 1/2本、青ネギ 2本
調味料・・・酒 大さじ3、砂糖 大さじ2、醤油 大さじ2

[1]エビは殻をとり、小口に切る。にんじんは千切り、ごぼうはささがきにして水にさらし、アクを抜いて水気を切っておく。ネギは小口切り。
[2]おからににんじん、ごぼう、調味料を加え、中火で煮る。水気がなくなったらエビを加え、更に煮る。出来上がり際にネギを加える。