オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

ふたがぴったりと閉まり、保温性に優れているので、弱火で効率よく蒸し料理ができます。
デリケートな素材の風味もビタミンも失われず、美味しく仕上がります。

無水鍋®で『蒸す』ポイント

2009.04 掲載

桜蒸し

華やかな一品で春のおもてなしを♪
無水鍋®一つで道明寺粉・魚を次々蒸していきます。
工程が多く感じますが、意外に手軽なメニューです。ぜひチャレンジを!

ワンポイントアドバイス

道明寺粉は余分な水を吸わないように手早くさっと洗います。
食紅は必ず一度少しの水で溶いてから、色の具合を見ながらぬるま湯に加えます。

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

材料

道明寺粉 100g、ぬるま湯 120~160cc、塩 少々、食紅 少々、白身魚 4切れ、桜の葉 4枚、桜の花 4片
【A】出し汁 2カップ、醤油 大さじ1/2、塩 小さじ1/3、みりん 大さじ1、酒 大さじ1/2、水溶き片栗粉 適宜1

作り方

1

道明寺粉はさっと洗って(ゆっくり洗うと余分な水を吸ってしまいます)塩・食紅の入ったぬるま湯につけ、ラップをかけておく。
粉が水を十分に吸ったら水(分量外)を入れ蒸し板をひいた鍋で5分蒸す。

※食紅は粉なので、そのままぬるま湯に入れず必ず少量の水で溶かしてから入れます。
色の具合を見ながら、少量ずつ好みの色になるまで入れていきましょう。

2

道明寺粉が蒸しあがったら、少しこねて粘りを出してから冷ます。

3

魚は軽く塩をふっておく。

4

道明寺粉は4等分にして中に魚をはさんで丸め、桜の葉を巻いて、
水(分量外)を入れ蒸し板を入れた鍋で強火で20分くらい蒸す。
※魚を巻くとき、外から少し魚が見えるようにすると仕上がりがきれいです。

5

出し汁に調味料を加え、味を調えていったん火を止め、水溶き片栗粉を入れる。
もう一度火をつけて沸騰させてとろみをつける。

6

器に(4)を盛り、(5)のだしをかける。上に桜の花を飾り、できあがり。