HOME > オリジナルレシピ > 炒める > 鶏肉と新じゃがの甘酢炒め

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

おだやかな加熱でこげつきにくいので、炒飯も少量の油でベトつかず上手に炒められます。
素材によっては油をひかなくても炒め物ができ、ヘルシーです。

無水鍋®で『炒める』ポイント

牛肉と春野菜の塩レモン炒め

2016.06掲載

鶏肉と新じゃがの甘酢炒め

季節の素材を無水鍋(R)のふたで揚げ、鍋本体で煮詰めた甘酢にからめます。
揚げた素材と甘酢の相性が抜群!とっても食が進むお味です。 鶏肉を手羽中に代えたり、新じゃがの代わりにれんこんを使ってもおいしいので、いろんなバリエーションを楽しむのもいいですね。

ワンポイントアドバイス

甘酢を煮詰めたら、その他の材料を入れて火を止め、からめます。火をつけたままだとどんどん水分が蒸発して粘りが出てしまうので気を付けてください。

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

材料

【無水鍋®24cm使用】

鶏もも肉 1/2枚、 塩 少々、 こしょう 少々、 新じゃが 2~3個、 新ごぼう 1/3本、 アスパラガス 2本
小麦粉 適量、 揚げ油 適量
【甘酢】
砂糖 大さじ2、 しょうゆ 大さじ2、 酢 大さじ2、 酒 大さじ1

作り方

1

鶏肉は長さ5cmの棒状に切り、塩・こしょうをふる。
じゃがいもは皮をむき長さ5cmの棒状、ごぼうは斜め小口に切り、アスパラガスは5cm長さに切る。

2

鶏肉をビニール袋に入れて小麦粉を加え、 空気を入れて口をねじり、袋を振って小麦粉をまぶす。じゃがいもとごぼうも同じようにして小麦粉をまぶす。

3

甘酢を合わせておく。

4

無水鍋(R)のふたに油を入れ、170度の油でアスパラガスと(2)を揚げ、油をきる。

※揚がったらキッチンペーパーの上に置き油を吸わせておくと、手順5の時に余分な油が入らず作業が楽になります。

5

無水鍋(R)本体に甘酢の材料を入れ、3分くらい煮る。泡が均一になり煮詰まってきたら(4)を入れて軽く混ぜあわせ、すぐに火を止める。火を止めてから甘酢をきれいにからめて盛り付ける。
好みで七味を混ぜ合わせてもおいしい。

※甘酢がはねる場合があるので、予熱をせずに入れます。