オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

素早い熱回り、高い保温性により、ほんの少しの油でもカラリと美味しく揚がります。

無水鍋で『揚げる』ポイント

秋刀魚のねぎソースかけ

2012.11 掲載

大学いも

秋の味覚、さつまいもでつくる大学いもはほっくほくで手が止まらなくなるおいしさ!
無水鍋®なら、本体で揚げてフタであめを作ることができるから、お鍋一つでさっとできますよ。
お子様のおやつにも、ぜひどうぞ。

ワンポイントアドバイス

あめを作る時は、空気が入ってしまわないよう、糸を引くようになるまでかき混ぜないでくださいね。
揚げたさつまいもが熱いうちに、あめとからめましょう。

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

材料

【無水鍋20cm使用】
さつまいも 500g、 黒ごま 小さじ1
【A(あめ)】砂糖 100g、 しょうゆ 小さじ1、 水 大さじ3、 酢 小さじ1

作り方

1

さつまいもはよく洗い、皮付きのままひと口大の乱切りにして10分くらい水につけてあくぬきをする。
無水鍋®本体に油を入れ、160℃くらいにあたため、よく水気を切ったさつまいもを揚げる。

2

無水鍋のフタに【A】の調味料を入れ、時々鍋を軽く動かしながら、かき混ぜずにそのまま中火で2分くらい煮る。
糸を引くようになったら黒ごま、さつまいもを入れ、あめをからめ、油を塗ったバットにひろげる。
ある程度冷ましてから盛り付ける。

※揚げたさつまいもが熱いうちにあめとからめましょう。