HOME > オリジナルレシピ > 揚げる >さんまのメガネ揚げ

オリジナルレシピ

  • レシピトップ
  • 無水鍋の基本料理
  • 無水鍋の使い方
  • レシピを選ぶ

特長

素早い熱回り、高い保温性により、ほんの少しの油でもカラリと美味しく揚がります。

無水鍋で『揚げる』ポイント

秋刀魚のねぎソースかけ

2012.10 掲載

さんまのメガネ揚げ

旬のさんまが、大変身!
くるっと丸めて揚げたら、相性抜群のポテトコーンサラダをつめていただきます。

お魚が苦手なお子様でも、これなら興味津々、ぱくっと食べられそうです♪

ワンポイントアドバイス

さんまを丸い形にするときは、片方の身は皮が外側、もう片方は皮が内側になるように丸め、メガネの中心に当たる部分で楊枝で止めるときれいにできます。

企画制作協力/藤田千鶴(クッキング・サロン クレイン)

材料

【無水鍋20cm使用】
さんま 4尾、 塩・こしょう 少々、小麦粉・溶き卵・パン粉 適量、 じゃがいも 2個、 にんじん 1/4本、 きゅうり 1/2本、 コーン(ホール) 1/2カップ、 マヨネーズ 大さじ4、 パセリ 少々、 サラダ菜 8枚 

作り方

1

さんまは尾を残して三枚におろし、塩・こしょうで下味をつける。

2

さんまの水気をふいて、小麦粉・溶き卵・パン粉の順につけ、尾を中心に左右に輪を作りつま楊枝で止め、170度の油でからっと揚げる。


3

ポテトコーンサラダを作る。野菜は1cmの角切りにし、パセリはみじんに切る。じゃがいも・にんじんは大さじ3杯の水で無水ゆで(※)にする。ボウルに取りだしコーンを加えたら塩・こしょうして、きゅうり・パセリとともにマヨネーズで和える。

※ 無水鍋にじゃがいも・にんじんと水大さじ3を入れ、フタをして加熱します。蒸気が上がってきたら弱火で5分加熱し、火を止め、そのまま5分蒸らします。

4

器にサラダ菜をしき、さんまをのせて、メガネの部分にサラダを盛り付ける。