HOME >無水鍋®とは > 無水鍋®ができるまで

無水鍋®とは

  • 無水鍋®とは?
  • 無水鍋®の6つの特徴
  • 無水鍋®ができるまで
  • お客様の声
  • メディア掲載

無水鍋®の製造工程は非常にシンプルです。
アルミニウム合金を溶かして金型に流し込み2~3分で固まったところで取り出して表面の切削加工、そして研摩。
これで完成なのですが、単純ゆえに経験を積んだ職人の手仕事によるところが大きいのです。
広島市にある創業80余年の製造元ではこの道数十年という技能に長けた熟練職人さん達が、無水鍋®の品質維持向上につとめています。そしてその技術は日々、先輩から後輩へと受け継がれています。


無水鍋Rの素材は99.7%のアルミニウムに珪素(けいそ)とマグネシウムを添加した高純度の特種合金です。これはそのアルミニウム合金(インゴッド)と ガス炉。


ガス炉で溶かします。温度を700℃以上に上げて酸化皮膜などの介在物を除去します。


アルミニウムの溶湯をひしゃくで汲み上げて職人の手で1個ずつゆっくり金型に流し込んでいきます。


ここでは金型から取り出した製品をベテランの検査員が一個ずつていねいに検査して、合格した物だけが次の工程へとすすんでいきます。製造工程上では必要な煙突上の突起物は途中で除去されます。


    

完成品に近い状態になってきました。美しい表面の輝きを持たせるためにさらに研摩をかけます。経験を積んだ職人ならではの手仕事と精密機械とにより仕上げていきます。

 


数々の工程を経て梱包へと至ります。

 

 

無水鍋と呼べるのは、ひとつだけ 「ムスイ」「無水」「無水鍋」は(株)日本食生活改善指導会の登録商標です。