HOME >無水鍋®とは > 無水鍋®の6つの特徴

無水鍋®とは

  • 無水鍋®とは?
  • 無水鍋®の6つの特徴
  • 無水鍋®ができるまで
  • お客様の声
  • メディア掲載

無水調理が可能

乾燥物以外は水を加えず、食品自体に含まれている水分だけで、素材の旨味を生かした美味しい料理ができます。

栄養を逃がさない調理法

余分に水を加えず、加熱時間が短くすむので、デリケートなビタミン、ミネラル等の損失が少なくてすみます。

オーブンかわりにも!多機能鍋

蒸す・煮る・茹でる・炊く・炒める・焼く・揚げる・オーブン代わりなどあらゆる使い方ができる、万能鍋です。 使い方のポイントはこちら。

調理時間と光熱費を節約

熱の回りが早く均一なアルミニウム合金鋳物製で、フタも本体も厚手なので熱効率の良さは抜群です。強火で調理する必要がほとんどなく、余熱調理もできる、省エネなお鍋です。

耐久性に優れた3世代鍋

厚手のアルミニウム一体成形鍋なので、耐久性は半永久的。親子3代で愛用されているご家庭も少なくありません。広島県広島市の工場で職人によって1つずつ手作りされている国産品ですので、安心してお使いいただけます。

フタも鍋として使える!

フタも厚手にできているので、フライパンや浅型の鍋としても便利に使えます。

ホウレンソウの無水ゆでテスト

ビタミンC残存率水を加えない「無水ゆで」をホウレンソウで試してみました。
短時間でゆであがり、味は、ホウレンソウのほのかな甘みが残って、驚くほどのおいしさ!!では栄養素はどうでしょうか?
一般の鍋に水をたっぷり入れて調理した場合と、無水鍋®で無水ゆでをした場合のビタミンの残存率を比較してみました。

結果は左の通り。
一般の鍋の約1.8倍のビタミンCが残っていました。
素材の栄養分を残すということイコール、素材の風味も壊さないということですね♪

アルミニウムと他の金属との比較

熱伝導率比率お鍋選びのキーを握る、材質選び。
無水鍋®の材質・アルミニウムと他の金属とを比較してみました。

熱伝導率が高ければ高いほど、鍋が早く均一に温まります。
無水鍋®は、鉄に比べて3倍も熱を伝えやすいアルミニウム製だから、材料全体にムラなくスピーディに熱が通り、どんなお料理も、味はもちろん見ためも美しく仕上がります。

無水鍋と呼べるのは、ひとつだけ 「ムスイ」「無水」「無水鍋」は(株)日本食生活改善指導会の登録商標です。